第4回 カンボジア旅行

<期間>
2010年12月15日
 ‐2010年12月20日

 

<参加者>
池田団長
小俣要一
河口友彦
長峰嘉雄
生田直義

 

<旅行先>
カンボジア
 シェムリアップ
  アンコールワット
  アンコールトム
  バンテイアンスレイ
  プリアカーン他
  トンレサップ湖

世界遺産・アンコールワット遺跡群はクメール王朝時代に築かれた寺院遺跡で規模と美しさにおいて実に壮大な物であった。ポルポト時代の内戦や国からの侵略で不幸なじだいを経て来たが、現在は若い力と世界各国の支援で除々に力をつけつつある発展途上国だ。風俗習慣も異なっているが、地味ながら将来性を感じた。