能楽を観る会

第39回能楽を観る会ご案内

白門三九会の皆様会名同様の第39回数える今回は, 観世能楽堂が江戸時代より観世座として在った銀座に永遠に近い場所に戻りました元松坂屋後です。初番能「経正」は平家物語、源平盛衰記等巻七より等の平家の美しき武将の物語、平家公達の霊が琵琶を弾じる修羅物の名曲。 狂言「寝音曲」はズボラな太郎冠者が主人を誑かす何時ものパターン。トメ能は「野守」あらゆる世界を写す水鏡の伝説話共に世阿弥作です。

                                                            記

 

日時:  平成29年6月8日(木) 受付12時 (12時半より解説あり)

                開演 1時
会場:  観世能楽堂 中央区銀座6丁目10番地1号

           元松坂屋後   Ginzasix B3F
申込,問合せ:

           白石 紀一 電話、ファックス  049-262-5150
      Eメールアドレス: yumenoma17@friend.ocn.ne.jp
入場料:  3千円円
締め切り:  4月29日 

 

誠に勝手ながら新能楽堂は前より座席数少なく又慣れて居ない事も有り早めのお申込み宜しくお願い致します。
 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
     ファックスで申し込みの方はお名前、
ご住所、お電話を記入し、

     白石宛て 049-262-5250にお願いいたします。